子どもゆめ基金概要・沿革

助成金の交付

助成金交付要綱

助成金助要領

その他規程

助成対象活動

子どもの体験活動の振興を図る活動への助成

活動例

1.子どもを対象とする体験活動

 ・自然観察、キャンプなどの自然体験活動

 ・清掃活動、高齢者介護体験などの社会奉仕体験活動 など

2.子どもの体験活動を支援する活動

 ・子どもの体験活動の指導者養成 など   

子どもの読書活動の振興を図る活動への助成

活動例

1.子どもを対象とする読書活動

 ・読書会活動、読み聴かせ会 など

2.子どもの読書活動を支援する活動

 ・子どもの読書活動の振興を図るフォーラムの開催 など   

子ども向けソフト教材を開発・普及する活動への助成

活動例

子どもの体験活動や読書活動を支援・補完する、インターネット等で利用可能なデジタル教材を開発し、普及する活動

助成対象団体

公益・一般財団法人、公益・一般社団法人、NPO法人など青少年教育に関する事業を行う民間の団体

助成金の額

個別の助成活動に対する助成金の額は、予算の範囲内で、審査委員会の議を経て決定されます。

審査方法

子どもゆめ基金における助成対象活動の決定については、子どもゆめ基金による助成金の交付を適正に行うため、自然体験活動や社会奉仕体験活動等の体験活動、読書活動、教材開発などの分野において実務経験を持ち、かつ青少年教育に高い識見を有する委員で構成する「子どもゆめ基金審査委員会」を設置し、そのもとに各分野別の実情及び特性を踏まえて審査を行います。
応募のあった活動については、機構理事長から審査委員会へ助成活動の採択について諮問を行い、これを受けて審査委員会から専門委員会へ調査審議の付託を行います。
専門委員会の審査は、各団体から提出のあった助成金計画調書について、各専門委員が専門的見地から評価し、合議により助成対象活動の評定(選定)を行います。
審査委員会では、各専門委員会での審査結果をもとに、採択すべき助成活動及び助成金の額について審議を行い、採択する活動及び助成金額を決定します。

審査方法説明図

普及啓発

子どもの体験活動や読書活動の振興を図るための普及啓発(子どもゆめ基金ガイドの作成、子どもゆめ基金PRビデオの作成、普及啓発事業の実施 等)